2009年02月18日

斑入りのツバキ

我が家にこんなツバキがあったのか・・・
「花を良く観察していないんだな。」と反省。


20090218 008.JPG

ピンクのツバキですが、微妙に白っぽい斑入りです。


20090218 009.JPG

蕾が沢山あったので、今後が楽しみです。
写真は、その一つで開花直前って感じですね。


20090218 006.JPG

こんなツバキも咲いていました。

posted by 花山風景 at 12:52 | Comment(0) | ピンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

水仙と八重咲き水仙

水仙です。


2009pic 011.JPG

水仙は、ヒガンバナ科スイセン属の多年草です。
花言葉は「自己愛」です。


綺麗な花なんですが、毒があるので絶対に食べてはいけません。


20090215suisennyae2.JPG

八重の水仙です。

posted by 花山風景 at 16:45 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

枝垂れ梅が開花しました

我が家の枝垂れ梅が開花しました。
今後、どんどん開花すると思います。


2009pic 004.JPG

まだまだ蕾の方が多いですね。


2009pic 008.JPG

まだまだ寂しいですね。
沢山蕾があるから、今後が楽しみです。


2009pic 009.JPG
posted by 花山風景 at 18:52 | Comment(0) | ピンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

辛夷(コブシ)の蕾

辛夷の蕾です。


開花するのは3月くらいでしょうか?
辛夷は、モクレン科モクレン属の落葉広葉樹です。
他の木々に先駆けて白い花を咲かせます。


010.JPG

フサフサした毛に覆われています。


015.JPG

この蕾から、白い辛夷の花が咲くんですね。


019.JPG

沢山の蕾が一気に開花したら綺麗でしょうね。

posted by 花山風景 at 16:37 | Comment(0) | 蕾(つぼみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椿

椿の花です。
椿は、ツバキ科ツバキ属の総称です。
花期は、冬から春にかけて花が咲きます。
024.JPG

ピンクのツバキです。


026.JPG

落ちていた椿の花です。花ごと落下するんですね。


002.JPG

赤いツバキも撮影しました。


撮影場所:唐津市厳木町の天山ダム付近

posted by 花山風景 at 16:18 | Comment(0) | ピンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

梅のつぼみ

下がり梅の蕾が膨らみ始めました。


この「下がり梅」は、数年間手入れが行き届いておらず、毎年少しずつ花が小さくなっていますが、毎年咲く健気な梅です。


2009pic 001.JPG

まだまだ可愛らしい蕾ですが、開花するのが楽しみです。


2009pic 002.JPG

今年は蕾が多いように感じます。


2009pic 005.JPG
posted by 花山風景 at 19:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

花の写真じゃないけれど・・・大雪

今日は、花の写真じゃないですが・・・
北部九州を襲った寒波による大雪の画像です。


大雪画像・唐津市相知町

まだまだ降り続く雪


まだ降る雪の画像

朝7時ごろの画像ですが、撮影開始した時はこんな感じでした。


雪の小休止・唐津市相知町

タイヤチェーンの音で目覚めた朝でしたが、こんな大雪は10年に一度あるだろうか?って感じで降り続きました。

posted by 花山風景 at 19:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

元旦に菜の花を見つけました。

謹賀新年
今年もよろしくお願いします。

さて、元日早々、私の町は冷え込みました。
遠くの山の頂上付近は、積雪しています。
どうりで寒いと思いました。

20090101001.JPG

そんな寒い正月を迎えたんですが・・・
冬の田んぼの近くで、寒さに負けずに咲いている菜の花を発見。

そんな花を見つけると、思わず「頑張れ!」って応援したくなります。

20090101007.JPG
ここだけポツンと咲いているのですが、日当たりとかイロイロな条件が整っていたのでしょうか?

正月を過ぎても、まだまだ寒い日が続きます。
この菜の花も、頑張って咲き続けて欲しいと思います。
タグ:菜の花 元日
posted by 花山風景 at 06:44 | Comment(0) | 黄色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

八重咲きの小菊

020.JPG023.JPG
八重咲きの小菊です。
12月の寒さと霜に負けずに、元気に咲いています。
2枚目の写真のように、寄り添うように密集して花を咲かせています。
なんだか、寒いので身を寄せ合っているような感じで、ほのぼのとした印象を受けるのは私だけでしょうか?
菊の種類は多すぎて、正確な名称がわかりませんが、小菊だと思います。
ホントに可愛らしい花です。
花瓶に生けても、メチャクチャ長持ちするんですね。
菊の仲間は、花瓶に生けて長持ちするなあ〜という印象です。
posted by 花山風景 at 18:12 | Comment(0) | 八重 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ヤクシソウ(薬師草)という花です。

ヤクシソウ(薬師草)は、キク科オニタビラコ属の二年草です。
沖縄を除く、日本各地で生育します。
2008.10.06yakusisou1.jpg
黄色い花弁が10数枚


2008.10.06yakusisou2.jpg
シベがクルクルと渦巻いています。

葉を切ると・・・白い乳液が出てきます。

薬師草の名前の由来は、薬師如来の光背に由来するそうです。
そう考えると、有難いような気がしてきますね。
山野を中心に幅広く分布している。
花が終わると、白い毛に覆われた種子が飛散する。
posted by 花山風景 at 19:20 | Comment(0) | 黄色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

キンモクセイ(金木犀)

秋深し 金木犀の 香る頃

祭り囃子の 笛の音ひびく

金木犀の香りにつられて・・・詠んでみました。

今回は、キンモクセイを撮影しました。

秋になると、キンモクセイの甘い香りがどこからとも無く漂ってきますね。

キンモクセイは、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹です。
花期は、10月頃
花言葉は「謙遜」「変わらぬ魅力」など

2008.10.12kinmokusei3.jpg

2008.10.12kinmokusei2.jpg

花をアップにすると、4枚の花びらが厚みがある花弁だと良くわかりますね。
ウィキペディアによれば・・・金木犀の花弁を3年間白ワインに漬け込んだものが、「桂花陳酒」だそうです。
「桂花陳酒」の甘みの成分は、金木犀の甘みだったのか・・・
香りだけでなく、本当に甘いんですね。
有名な楊貴妃が好んで飲んだらしい。

雌雄異株だが、日本には雄株しか入っていないので、結実しないらしい。2本のオシベと不完全なメシベを持っている。
posted by 花山風景 at 01:27 | Comment(0) | 4花弁 オレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

イヌホオズキ

イヌホオズキです。
少し前に撮影した花なんですが・・・撮影したのは10月6日でした。

イヌホオズキはナス科ナス属の植物です。
畑や道端などで見かけることがある小さな花です。
ナス科といっても、このイヌホオズキは有毒植物で食べられません。
いわゆる雑草ですね。

2008.10.06inuhozuki.jpg

別名が、バカナスって言うのが気の毒なくらい可愛らしい花なんですが、毒があるんじゃ仕方が無いかなあ〜。

シベに特徴があるな〜って気持ちで撮影しましたが、このイヌホオズキは、林道の道端に咲いていました。
ホントにいろんなところで咲いているんですね^^
でも、毒があるから注意しないとね。
posted by 花山風景 at 00:23 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ムクゲ3種類と出会いました。

今回は、「ムクゲ」です。
以前紹介したと思うのですが、今回は3種類の「ムクゲ」と出会ったので改めて紹介します。
2008.10.06mukugeakamurasaki.jpg
ピンクに真ん中が赤いムクゲです。

2008.10.06mukugekouhaku.jpg
白に真ん中が赤いムクゲ

2008.10.06mukugesiro.jpg
真っ白なムクゲ

同じ花でも、色が違うと多少印象が変わるんだなあ〜と実感しました。
品種改良が進む理由がわかったような気持ちです。

10月になって、秋らしい花にも出会い始めました(^0^)/
そろそろ金木犀の香りが、どこからとも無く漂ってくる季節ですね。
どんな花達に出会えるのか楽しみな毎日です。
posted by 花山風景 at 23:18 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

メドハギ

メドハギは、マメ科ハギ属の多年草です。
花弁は5枚。
花期は8月から10月。
すっと直立した姿が凛々しい雑草です。
雑草ですが、薬草として使われる事もあるそうです。
2008.09.15medohagi2.jpg

よく道端などで見かける雑草ですが、地方によっては箒にしたり、お供え用の箸にしたり、用途はイロイロあるようです。

葉は幅が狭く、狭倒卵形です。
白い花に紫色の斑紋がある。
posted by 花山風景 at 00:53 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

キンミズヒキ

キンミズヒキ
バラ科キンミズヒキ属の多年草です。
花期は8月から10月、小さな花が一連になって咲きます。

2008.09.19kinmizuhiki.jpg

名前の由来は、熨斗袋についている水引に似ているからという事らしい。
似てるかなあ?と疑問を感じるけど・・・

キンミズヒキは、日本全国の空き地や道端、公園の茂みなどで見つけることが出来ます。
小さい花なので、花をよく見ないと美しさが解らないかも・・・。
posted by 花山風景 at 00:13 | Comment(0) | 5花弁 黄色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

黄色い彼岸花(ショウキズイセン)

黄色い彼岸花を撮影しました。

2008.09.24higanbana.jpg

ショウキズイセンという種類でしょうか?
ショウキズイセンは、ヒガンバナ科の多年草。
「キツネノカミソリ」にも似ているが、この花は花弁がやや波打っているので『ショウキズイセン』だと思います。

同じヒガンバナ科の植物でも、本当に沢山の花が存在しますね。
黄色が鮮やかなショウキズイセンもあるのですが・・・
今回の花の色はちょっと淡い感じの黄色でした。
もっと淡い黄色の花もあるようです。
posted by 花山風景 at 02:06 | Comment(0) | 黄色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

マツバギク

マツバギク
ハマミズナ科マツバギク属の多年草。
南アフリカが原産地です。
春から秋にかけて長い期間開花を繰り返す。
日中に咲き夜は閉じているらしい。
(夜に見たことは無いので、閉じているマツバギクを確認していません)
細くて肉厚の葉が特徴ですね。
2008.09.15 060.jpg

いったい何枚の花弁があるのだろう?
紫色で光沢のある花弁が、なんとなく目立つ花です。
高温や感想に強いため、栽培されていたマツバギクが野生化して自生しているところも多いです。
posted by 花山風景 at 00:58 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ
ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草です。
花期は6月〜7月ごろ白い花をつけます。

2008.09.15yousyuyamagobou2.jpg

2008.09.15yousyuyamagobou3.jpg

9月に撮影に行くと、実をつけていました。

ブドウっぽいですが、ヤマゴボウといいます。
ヨウシュヤマゴボウは、北米原産の帰化植物ですが、完全に日本の風土になじんでいますね。
posted by 花山風景 at 23:29 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

赤いルコウソウ(縷紅草)

赤い『ルコウソウ』です。
ルコウソウ
ヒルガオ科、ルコウソウ属の蔓性一年草または多年草。
日本では一年草と分類されていますが、原産地では多年草。
原産地は、熱帯アメリカ
花期は7月〜9月

星型の花が非常に可愛らしい花ですね。
葉っぱは、羽状に細く裂けています。

2008.09.19rukousou3.jpg

2008.09.19rukousou1.jpg

本当に可愛らしい花なので、癒されます。
posted by 花山風景 at 01:16 | Comment(0) | 5花弁 赤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

ミゾソバ(溝蕎麦)の花が咲いていました。

ミゾソバ(溝蕎麦)
タデ科タデ属の一年生草本植物です。
小さな花が沢山集合しています。
5枚の花びらを持ち、色は・・・
白とピンク(紫?・・・)のグラデーションがキレイな花ですね。
花が開いてしまうとボンヤリしてます。
蕾の状態だとグラデーションもキレイに見えます。
本当に小さな花なので、良く見ないと開花しているのが確認できませんでした。
2008.09.15mizosoba1.jpg

2008.09.15mizosoba2.jpg

此花は、「アキノウナギツカミ」という花と良く似ています。
違いは葉っぱで確認しました。

ミゾソバの葉は、牛の顔のような形をしていて、別名「ウシノヒタイ」と呼ばれています。
posted by 花山風景 at 18:11 | Comment(0) | 5花弁 白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。