2008年10月16日

キンモクセイ(金木犀)

秋深し 金木犀の 香る頃

祭り囃子の 笛の音ひびく

金木犀の香りにつられて・・・詠んでみました。

今回は、キンモクセイを撮影しました。

秋になると、キンモクセイの甘い香りがどこからとも無く漂ってきますね。

キンモクセイは、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹です。
花期は、10月頃
花言葉は「謙遜」「変わらぬ魅力」など

2008.10.12kinmokusei3.jpg

2008.10.12kinmokusei2.jpg

花をアップにすると、4枚の花びらが厚みがある花弁だと良くわかりますね。
ウィキペディアによれば・・・金木犀の花弁を3年間白ワインに漬け込んだものが、「桂花陳酒」だそうです。
「桂花陳酒」の甘みの成分は、金木犀の甘みだったのか・・・
香りだけでなく、本当に甘いんですね。
有名な楊貴妃が好んで飲んだらしい。

雌雄異株だが、日本には雄株しか入っていないので、結実しないらしい。2本のオシベと不完全なメシベを持っている。
posted by 花山風景 at 01:27 | Comment(0) | 4花弁 オレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。