2009年08月08日

淡い黄色の彼岸花

淡い黄色の彼岸花を見つけた

朝7時前にデジカメを持って出かけた。

そして、黄色い彼岸花を発見した。

ショウキズイセンだったら、もっと鮮やかな黄色(オレンジ色っぽい)のはずだが・・・

シロバナマンジュシャゲのように白くないし、リコリスの仲間には違いないが・・・


黄色い彼岸花画像1
小学生時代に使っていた水性絵の具のレモン色に近い色合いと言えば判り易いだろうか。

黄色い彼岸花画像2


朝っぱらから悩んでしまったが、シロバナマンジュシャゲはショウキズイセンとマンジュシャゲの交配種だと言われている。
ならばこの花は、限りなくショウキズイセンに近いシロバナマンジュシャゲなのだろうか。

しかし、ショウキズイセンも土壌など様々な要素で色が安定しないと言う事もあるだろう。

なかなか結論が出なかったのですが、やはり交配種と考えたほうが良いようです。

ヒガンバナ科ヒガンバナ属はリコリス属とも呼ばれる。西洋ではリコリスと呼んで園芸種として用いられているようだし、ヒガンバナの仲間は素人には判別出来ないなあ〜とシミジミ感じるのだった。

posted by 花山風景 at 13:43 | Comment(0) | 黄色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。