2009年06月21日

桃色昼咲月見草と待宵草の競演

ツキミソウとヒルザキツキミソウ

ツキミソウ(月見草)は、夕方に咲き始めて明け方にしぼむ花ですが、ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)は、昼間に咲くんです。

モモイロヒルザキツキミソウ
016.JPG

昼間に咲く時点で月見草というネーミングは変だと思うのですが・・・面白いネーミングですよね。


マツヨイグサ

マツヨイグサ(待宵草)は、その名の通り夕方から開花して、翌朝しぼみます。しかし、良く「宵待草(ヨイマチグサ)」と間違えて呼ばれてしまいます。「宵待草」の呼び名は竹久夢二の作詞による流行歌の題名に誤記された名称が定着したものである。

マツヨイグサの画像
010.JPG


競演

桃色昼咲月見草と待宵草は、同じアカバナ科マツヨイグサ属に属する植物ですが、日中に咲くヒルザキツキミソウとマツヨイグサの競演です。

夕方や早朝には、このように競演している事があります。

013.JPG
競演

posted by 花山風景 at 23:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。